自由に使える

不動産担保ローンの金額はどうなっているのか

低金利で返済期間は長めの場合が多く、かつ、使い道は自由であるのです。それは、不動産を担保として提供しているからです。その代り、担保として提供した不動産は、もし万が一支払いがで駅なくなった場合は手放すことを強いられ、その売却代金で残りのローンの返済に充てられるのです。そのため、借りることができる金額が多いとしても、借入可能額は担保となる不動産の評価価値の範囲内になるのです。一戸建ての場合は、家は時間とともに老朽化してしまい価値が下がっていってしまうので、土地の評価額が担保としてみることができる中心になるのです。そのため、景気の動向などが大きく影響してくるのです。

歴史について調べてみると

不動産担保ローンの歴史について調べてみると、バブル期を迎えるまで不動産担保ローンはタブー視されてきたということがわかります。元来明治時代などにおいては、日本の銀行は不動産担保ローンがほとんどだったのです。そのため、会社の状況などを調べることもなく借り入れが行われていたので、経営が傾けば返済が滞ることが頻発したのです。そのため、不動産担保ローンがタブー視されていたのです。しかし、バブル期に入って土地の価格が高騰したため、見直され始めたのです。そして、今度は会社の経営状態や今後の展望などがきっちりと精査されるようになったので、問題が少なくなったのです。それによって、現在は不動産担保ローンも積極的に行われるようになったのです。